「かんたん煮物」
根菜の煮物のコツ

■ 根菜とは

ごぼう、じゃがいも、れんこん、大根、にんじん、
さつまいも、長いもなどの野菜です。
(さといもはふきこぼれることがあるため、うまくできません。)

●100~500g※1の野菜を煮ることができます。
 分量に合わせて、煮汁(調味液)を調整してください。
 ※1「えびだんごと長いもの煮物」は300gまで、「かにとかぶの中華煮」は400gまで。

<分量の目安表> ●調味液の配合はお好みで変更できます。

野菜 煮汁(調味液)
500gの場合 大さじ7~8(約100~120ml)
300~400gの場合 大さじ4~5(約60~75ml)
200g以下の場合 大さじ3(約45ml)

●直径25cmの耐熱ガラス製ボウルを使う
 分量に対して容器が大きすぎると、効率が悪くなります。
 野菜が200g未満の場合は小さめの容器を使うとよいでしょう。
 また、容器が小さすぎると、具材がかさばり煮汁が具材全体に
 いきわたらず、しみ込みが悪くなります。

●アレンジについて
 ・根菜のレシピであれば、違う種類の根菜に変更してもOKです。
 ・材料は、野菜4:肉など1:煮汁(調味液)1※2の割合がよいでしょう。
  ※2 肉類を含む煮物をするときは、仕上がり〈強〉で。

●アクの強い野菜は
 アク抜きをしてください。
  例:水につける:さつまいも、酢水につける:れんこん、長いもなど

● 煮汁について
 ・できるだけ煮汁(調味液)は少なくしてください。
 ・野菜の分量に合った量で(分量の目安表参照)
 ・煮汁を市販のめんつゆで
  お好みの根菜約400gと市販のストレートタイプの
  めんつゆ(大さじ4~5)を使用してもOKです。
 ・短時間で加熱しているため、野菜の質によっては追加加熱が
  必要な場合があります。

● 加熱前に
 ・容器にラップをふんわりゆったりかけて加熱してください。
  加熱途中でラップが破れると蒸らし効果がなくなり、うまくできません。

・クッキングシートで落としぶたをしないでください。
 赤外線センサーが正しく検知できず、うまくできません。

● 加熱は
 「根菜の煮物」でも加熱できます。